私の少年(漫画)ネタバレ・感想 無料立読

100001160040001


「私の少年」高野ひと深

漫画アクション/双葉社

現在単行本は2巻まで発売中



繊細な少年に心打たれること必至!

 

孤独感を抱えた30歳OLと12歳の少年。
心を通わせていく中で互いに心の穴を埋めていくヒューマンドラマ系漫画です。

連載を開始すると「漫画史上最も美しい第1話だ!」と絶賛され、注目を集めました。

人物描写や、絵が綺麗なので 普段あまり漫画を読むことの無いような方にもすんなり手に取りやすい作品となっています。

 

ここから先はネタバレを含みます

 

無料立読はこちらから!

 

私の少年 1

私の少年 1

 

【「私の少年」のあらすじネタバレ】

 

スポーツメーカーで働く、多和田聡子(たわだ さとこ)は30歳になる独身のOL。

会社へと向かっている時に聡子は公園でサッカーの練習をする小学生を見つめていた。

「最近いつも練習してる…上達しないよなぁ」と思いながら。

会社に着くと、大学時代の元カレである上司の椎川(しいかわ)に絡まれる聡子。

毎回、その内容は大したことではないため、聡子は適当にあしらっていた。

仕事が終わると聡子はコンビニでビールを買い公園へ。

豪快にビールを飲む聡子の足元にサッカーボールが転がってくる。

そのボールを追ってきたのが、出社前に見ていた小学生だった。

聡子は大学時代にフットサル同好会に所属していたこともあり、その小学生にリフティングをして見せた。

ふと、その小学生の顔を見て衝撃を受ける。

信じられないくらいに綺麗な顔だったのだ。

その小学生に女子サッカー部なのか問うと、意外にも「俺、男です」との答えが。

さらに驚く聡子は、美しいものは性差がないんだ…と思うのだった。

翌日、聡子は朝1度目覚めるも、つい眠り込んでしまい、結局目覚めたのは夜だった。

ビールを飲もうと冷蔵庫を開けるが、少年と出会った公園に置いてきてしまったことに気づき公園へ行くと、昨日の少年が変質者らしい男に腕を掴まれている場面に出くわし、思わず迎えに来た母親を装う。

危ないから家に帰るよう注意するが、少年はまだ練習をしたいと言う。

そこで聡子は、少年に名前を聞く。
少年は早見真修(はやみ ましゅう)12歳。

聡子も真修に名乗り、この公園でサッカーの練習をしていいのは、私が一緒の時だけ!と次の日からリフティングの練習に付き合うことを約束し、翌日から仕事を定時に終わらせ練習に向かっていた。

真修との練習最後の日、聡子は椎川に意味深な雰囲気で飲みに誘われ、少し期待しながら向かうも、待っていたのは椎川とその婚約者だった。

虚しさを感じながら帰路に向かうが、自然と足はあの公園へ。

ハッとして帰ろうとすると、寂しそうに座る真修の姿が目に入り、駆け寄る聡子。

真修はレギュラー入りがダメだったので、サッカーを止めなきゃいけない、止めるんだ。と聡子に伝えるが、聡子はそれが親からの言葉であることに気づく。

さらに真修は風呂にも入っていないことに気づいたため、思わず家に連れてきてしまう。

そこで互いの心に抱えているものを慰め合うのだった。

無料立読はこちらから!

 

私の少年 1

私の少年 1

 

【「私の少年」を読んでの感想】

 

「私の少年」は、まずその綺麗な絵に引き込まれました。

さらに、聡子と真修の人物描写が本当に繊細で、この世界観により深く入り込んでしまいました。

真修の健気な姿に切ない気持ちになってしまい、母性をくすぐられるような感覚になりましたね。

多分、聡子が感じたのもこんな気持ちだったのでしょうね。

驚くほど美しい小学生の少年と、どこか虚しさを抱えて過ごすアラサー女子という設定はありそうで無かったので、見ていて展開が気になって仕方なかったです。

恋に発展はしないだろうし、年の差18歳じゃ母と子という雰囲気にもならないだろうし…

どんな感じで展開していくんだろう、とワクワクしてしまう作品でした。

話題沸騰中の「私の少年」、ぜひ手に取ってみて下さい!

無料立読はこちらから!

 

私の少年 1

私の少年 1

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.