父娘になりました(仮)(漫画)ネタバレ・感想 無料立読

9-381108-c400


「父娘になりました(仮)」そうだすい

オヤジズム/ソルマーレ編集部

現在7巻まで発売中




急に娘ができました!(仮)

 

キスまであと1秒など人気作を出しているそうだすい先生の作品です。

10年以上前に付き合っていた女がいきなり現れて娘を勝手に預けて出て行った。

娘は中学生で思春期真っ只中。

主人公は年頃の女の子の扱いなんてわからずてんてこまいで・・・

仮の父娘が一緒に生活していくヒューマンドラマです!

ここから先はネタバレを含みます

 

無料立読はこちらから!

 

 

【「父娘になりました(仮)」のあらすじとネタバレ】

 

変わらない日常というものが好きだ。

毎日同じ時間に起きて適当に食って机に向かう。

そのリズムに変化は求めない。

ただ時々無性に・・・

主人公の真尋(まひろ)に友人から電話がかかってくる。

電話の内容は嘱託先で足を怪我したらしく、真尋に中学生の用務員を変わってほしいというものだった。

子供が得意じゃない真尋は断ろうとしたが、以前に金を借りた時の利子代わりだと言われ無理矢理引き受けることになる。

ちゃんと利子をくっつけて返すべきだったと後悔する真尋。

そんな時にまた電話が鳴る。

先ほどの友人がまたかけてきたかと思ったが電話先の声は女だった。

誰かと尋ねるとなんと10年以上前に付き合っていた女であった。

女は匂子(こうこ)といい、真尋の家の近くまで来ているらしい。

電話の後、匂子は真尋の家を訪ねてきた。

真尋くんは年とらないねなどと言っている。

そして娘のしょこ中学二年生を紹介される。

あまり愛想のいいとはいえない子だった。

早速本題に入るという匂子はとんでもないことを言い出したのだった。

それは匂子は仕事で海外に行くから娘を預かってほしいということだった。

学区内の知り合いが真尋しかいなかったらしい。

娘の方も友人のおばさんのところに預けられると思っていたらしい。

納得のいってない二人を置いて匂子は去っていく。

しょこは真尋に養育費の前金を渡し、お金は毎月払うし寝る所も食事も自分でなんとかするが、面倒ごともあるのでここに住んでることにしておいてほしいと頼む。

母といい娘といい金で義務は果たしたとでも思ってるのかと真尋は腹ただしくなる。

とりあえずしょこと話をしようとすると、

「あたしはあんたとここに住むだなんて一度も言ってない!」

と出て行ってしまう。

無料立読はこちらから!

 

 

【「父娘になりました(仮)」の感想】

 

第一に思ったのが無責任な親だなーと思いました。

なんかここ何年かで急にこういう勝手な親が増えた気がします。

それも10年以上前の元彼に預けるって色々不謹慎ですよね・・・

真尋もどういった心境だったんでしょうか?

心中穏やかではないでしょうね。

だってわけわからないし。

しょこも思春期にこんなことになってかなり複雑な状況ですよね。

お互いに納得がいってない二人はこの先どういった父娘となっていくんでしょうか?

無料立読はこちらから!

 

 

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.