無限の住人(漫画)ネタバレ・感想 無料立読


「無限の住人」沙村広明

講談社/アフタヌーン

30巻完結



不死の身体を持つ男が繰り広げる時代劇アクション

木村拓哉さん主演で映画化がされる事で話題にもなっているこの作品。

父を殺され、母をさらわれてしまった少女の用心棒として宿敵を追う物語です。

時代劇、アクション、バトルものが好きな方にオススメです!

また、全30巻という長編漫画ですので、じっくりとその世界観に浸りたい方にもぴったりです。

ここから先はネタバレを含みます

 

無料立読はこちらから!

 

無限の住人 1巻

無限の住人 1巻

 

【「無限の住人」のあらすじとネタバレ】

ーーとある教会。

1人の侍が懺悔中だ。

「侍…ですね。刀の臭いがしますよ…ここまでね」牧師が言う。

「…ちょいと人間を…殺っちまったんでさ…二年前に」侍がそう言うと

「人斬りーーですか おだやかでありませんな これは」と言い、何人斬ったのかと聞いた。

すると、侍は「100人!」と答えたのだ。

それに驚く牧師は神に導きを求めた。

だが、神からは悲しい返事が来た…と言う。

「死をもて償え」だそうです。と告げると、牧師は侍に向かって銃を向けた。

そして、話し途中の侍を躊躇なく打ったのだ。

打った銃弾は見事に侍の頭に命中した。

それを確認した牧師は自分が日本最強になったと高笑いをするーー

しかし、次の瞬間

侍は動いた…それどころか、牧師を始末したのだーー。

始末された牧師は、懺悔に来た賞金首達をだまし討ちしていた、エセ宣教師だったのだ。

始末した後、その場を立ち去る侍の傷口は「血仙蟲(けっせんちゅう)」によって塞がれていた。

無料立読はこちらから!

 

無限の住人 1巻

無限の住人 1巻

 

【「無限の住人」の感想】

普段、あまり歴史系、時代劇系の漫画は手にする事が少ないのですが、木村拓哉さん主演で映画化!と言うニュースを見てこの作品を知り、手にしてみました。

関心の無かったジャンルなのに、最初から引き込まれちゃいましたよ。

さらっと触れた印象としては、あくまでも、私個人の意見ですが、「るろ剣」ぽいなーなんて感じました。

何となく分かるー!て思う方いませんかね?笑

絵のタッチは、もしかしたら女性ウケはしなそうですが、「うしおととら」とかを苦なく読めてる方なら大丈夫なはずです!

内容はとても面白く、世界観にどっぷり浸かれる程の長編漫画ですので、話題にもなっていますし、ぜひ読んでみて下さい♪

無料立読はこちらから!

 

無限の住人 1巻

無限の住人 1巻

 

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.