渋谷金魚(漫画)ネタバレ・感想 無料立読


「渋谷金魚」蒼伊宏海

スクウェア・エニックス/月刊ガンガンJOKER

現在1巻まで発売中




注意!!この金魚、人を喰います。

繁華街に突如現れた「人喰い金魚」に平凡な日々を奪われた少年。

パニック&絶望必至の中、彼は生き残れるのか!?

パニック系、ホラー系が好きで、ちょっと斬新な設定の漫画をお探しの方にピッタリな作品です。

ただし、グロ要素が含まれますので、苦手な方には厳しいかな、と思います。

ここから先はネタバレを含みます

 

無料立読はこちらから!

 

渋谷金魚 1巻

渋谷金魚 1巻

 

【「渋谷金魚」のあらすじとネタバレ】

ーーその日

人が死ぬところを初めて見た。

ただ、その死に様は普通ではなく「金魚」に捕食され、めちゃくちゃなものだった。

ーー3月3日12時50分(2時間前)

月夜田初(つきよだ はじめ)は渋谷に居た。

趣味の映画撮影のために、普段は足を運ばないこの街に来たのだ。

しかし、やはりここの街と人は初には合わなかった。
むしろ、異世界だとすら感じていた。

居心地の悪さを感じた初は帰ることにした。

その途中に寄ったレンタル店でナンパの現場に遭遇してしまった初は、嫌がる女の子を助けようとDVDの棚を倒し、店員を呼んだ。

ナンパしていた男達は去り、助けた女の子が礼を言いに来た。

すると、その相手は同じクラスで、学校1の美少女、深草(ふかくさ)だった。

平凡過ぎる日常に訪れた、心踊るような偶然にちょっぴり喜ぶ初だったが、次の瞬間、それは音を立てて崩れた。

棚の間から目を疑うようなものが姿を現した。
人間の顔を喰らう金魚がそこにいたのだ…

慌てて初と深草はそのフロアを出るが、その先にも数匹の金魚とそれを取り囲む大勢の人達がいた。

CGか何かだと思った男性が金魚に近寄って行くと、男性は頭を喰われた。
まさかの出来事に静まり返るーー。

そして、窓の外に目をやるとそこにはおびただしい数の金魚たちがこちらを見ていた。

無料立読はこちらから!

 

渋谷金魚 1巻

渋谷金魚 1巻

 

【「渋谷金魚」の感想】

まさかの金魚パニック!

あんなデカイ人喰い金魚いたら怖いわ!!

そして、目の前で人が食べられたら一瞬思考停止しますよね。

こんな金魚パニックに平凡なキャラの初はどうやって立ち向かって行くのでしょうか?

絵面はシュールですが、慣れれば意外と楽しめるもので、続きの展開が楽しみにすらなってしまいます。

パニック×今までに無かった設定を存分に楽しんで見てください♩

無料立読はこちらから!

 

渋谷金魚 1巻

渋谷金魚 1巻

 

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.