外面が良いにも程がある。(漫画)ネタバレ・感想 無料立読

9-370817-c400


「外面が良いにも程がある。」尾崎衣良

小学館/プチコミック

1巻完結



キュン要素+スカっと感で大人女子がハマる恋愛物語

「深夜のダメ恋図鑑」などで知られる、尾崎先生の作品です。

短編集が4作収録されていて、どの作品もキュン要素にスカっと要素がプラスされていて、ただのラブストーリーに飽きてしまった方にはぴったり!

収録作品は以下の通りです。

・外面が良いにも程がある。
・業務上偽装恋愛
・いたい にがい 少しあまい
・優しい毒薬

ここから先はネタバレを含みます

 

無料立読はこちらから!

 

 

【「外面が良いにも程がある。」のあらすじとネタバレ】

・外面が良いにも程がある。

おしゃれなバーでとある合コンが開催されていた。

女性陣がそれぞれに自己紹介をする中、密かに女性達に点数を付けている男がいた。

「50点」

「45点」

「70点」

「20点!!」

全員に微妙な点数を付けながらも、その男はキラキラした笑顔で

「みんなすごい可愛いね」

と言ってのけた。

この男、瀬高(せたか)はとにかく外面が良いのだ。

細やかな気配りと、優しさに45点を付けられた女性は瀬高を意識してしまう。

しかし、それに気付いた瀬高は

「はえーよ 45点女」

と心の中で毒付いた。

そんな時、瀬高は20点女こと吉野安貴(よしの あき)と目が合った。

眼中になかったこともあり、瀬高は動揺してしまった。

そんな中、彼女の食事の仕方が綺麗なことに気付き、思わず見入ってしまう。

それを冷やかされると、間髪入れずに女性側の幹事、マミが「吉野さんは純情だから手を出すな」と言い出した。

それがきっかけで吉野は席を立つ事に。

お前のせいだと茶化され、瀬高は思わず彼女を追いかけた。

そして、予定外にも次の日のデートを取り付けてしまい…

・業務上偽装恋愛

自ら進んで、課長にお茶を出す「気が利く」玉名栞(たまな しおり)。

彼女は、4月から中途採用で入社したばかりだ。

その控えめな立ち振る舞いと、絶やさぬ笑顔で職場の男性陣からはかなり評判が良い。

そんな中、この会社の御曹司である長洲英明(ながす ひであき)から結婚を前提にした交際を求められる。

しかし、これは栞がひたすら控えめOLを演じてきた結果のことだった。

実は栞は控えめOLどころか、バリバリ仕事がこなせる「デキる」女だったのだ。

ある理由から彼女はそれをひた隠しにし、控えめに徹してきたのだが…

・いたい にがい 少しあまい

幸せ溢れる、結婚式。

新郎新婦はもうすぐパパとママになるということもあり、たくさんのおめでとうが飛び交っている。

そんな式の後、二次会に行くかどうかで盛り上がりを見せていた。

この物語の主人公、実鈴(みすず)もどうするか聞かれたが、彼女は参加しない旨を伝え式場を後にした。

そんな実鈴がその後向かったのは顔なじみのバーだった。

バーに入ると、店員の女性が声を掛けた。

「最近彼氏と来ないけどどうした…の?」

ひどく落ち込んだ様子の実鈴に語尾が強まった店員に、実鈴は

「その彼氏の結婚式に参加してきましたよ」

と言った。

その後、酔いつぶれて目を覚ました実鈴の隣には、隣の課の鳥栖(とす)がいて…

・優しい毒薬

とあるカフェーー。

そこで働く杏奈(あんな)は、同僚によって今まさに彼氏の浮気を知ったところだった。

同僚のスマホには、にやけ顔で知らない女性の肩を抱き、ラブホ街を歩く彼氏の姿が写されていた。

そんな事実を突きつけられ、帰路につく杏奈。

その問題の彼氏が杏奈を出迎えた。

恐る恐る、彼氏に写真が撮られた日、何をしていたか聞くも、サラリと嘘を付かれた杏奈は、問い詰めることも出来ず家事をこなした。

実は、彼氏の浮気は初めてではなく、今回で2回目だ。

しかし、前回は問い詰めた結果、彼が離れていってしまったことから、今回のことは言い出せずにいた…。

それぞれの話しの気になる今後の展開はレンタにてチェック!

無料立読はこちらから!

 

 

【「外面が良いにも程がある。」の感想】

この作品は、4つの話しが収録されていて、それぞれ全く違う話しですが、どれもすごく面白かった!

そんな中でも私的には、「いたい にがい 少しあまい」が好きですね〜。

ひどすぎる失恋をしたばかりか、その相手の結婚式にまで参加しなきゃならない実鈴の辛さ!

そして、それをさり気なくフォローする鳥栖くん!

傑作です、傑作!

元彼がクズ過ぎて、より良い男に見えましたよ。

もちろん、他の話しも素敵なストーリー展開を繰り広げてくれて、大満足させられました。

短編集とは思えない程の満足感がありますので、みなさんもぜひ読んでみて下さいね♩

無料立読はこちらから!

 

 

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.