喰う寝るふたり 住むふたり(漫画)ネタバレ・感想 無料立読

100000676970001


「喰う寝るふたり 住むふたり」日暮キノコ

ノース・スターズ・ピクチャーズ/コミックゼノン

5巻完結
 




 

同棲カップルの日常を男女目線で追えるザッピングストーリー

 

こちらの「喰う寝るふたり 住むふたり」は付き合って10年、同棲して8年のカップルの日常を描いた作品です。

同棲を題材にした作品は珍しくはないと思いますが、この作品の面白いところは、男女それぞれの視点で描かれているという所です。

同作のウリでもある、男女それぞれの視点。

同じストーリーでも、違った捉え方で読めるので、1話で2通りのストーリーを読んでいるようです。

現在同棲中のカップルや、倦怠期やマンネリ化を迎えてしまっている方たち読んでいただきたい作品です。

ここから先はネタバレを含みます

 

無料立読はこちらから!

 

「喰う寝るふたり 住むふたり」で検索

 

【「喰う寝るふたり 住むふたり」のあらすじとネタバレ】

 

町田りつこ(まちだ りつこ)と野々山修一(ののやま しゅういち)は、付き合って10年、同棲して8年のアラサーカップル。

〜りつこサイド〜
その日、りつこは職場である事が理由でとても驚かれていた。

りつこには、付き合って10年、同棲して8年の彼氏、野々山がいる。

一般的にみてこの年月はとても長いのだろう。

毎回、りつこと彼氏の関係を初めて知る人は、その年月の長さに驚き、さらに何故結婚しないのかと疑問を抱き、訳を聞き腑に落ちない反応をされていた。

今回も、それで驚かれていたのだ。

そんなある日、りつこと野々山の自宅には高校の頃の同級生が遊びに来ていた。

りつこは、またも結婚の話題を振られ、雑談を交えながら、2人でタイミングの話しになる。

そこでりつこはまだプロポーズもされていないと話す。

そこへ野々山が帰ってくる。

同級生が帰ると言うため、2人で駅まで送ることに。

その帰り、車中は少し険悪なムードになってしまう。

りつこは遅くまで家に人を呼んでいたからなのか…と考える。

何年経っても謎なキレポイントもあるし、こんなんで結婚出来るのだろうか…と思うりつこだったが、仲直りするためおにぎりを作って床についた。

翌日、彼からありがとう!のメールが来てめでたく仲直り出来たのだった。

〜野々山サイド〜
会社の同僚と釣りに来ている野々山。

同僚に結婚しないのか?と問われる。

それに対し、そろそろかなとは考えてはいるが、彼女もまだまだ仕事を頑張りたいだろうし、自分もこうして週末は遊びに来たいんで…と答える。

それに対して、じゃあプロポーズとかもこれからかーと同僚が言う。

しかし、野々山は2か月前のクリスマスを思い出す。

野々山は、りつこに指輪を渡していた。

そして、その際にさりげないプロポーズをしていたのだった。

だが、どうやらりつこには通じていなかったようだった。

釣りから帰ってきた時に、同級生とりつこの話しが聞こえてきたことでそれが発覚した。

「…てゆか、まだされてないし…プロポーズ」とりつこが言ったのだ。

その事は野々山を落ち込ませた。

険悪なままその日は過ぎて、翌朝。

野々山はりつこと別室で寝たため寝坊した。

慌てて起きると、キッチンにはりつこが作ったおにぎりがあった。

長年、りつこの作る朝ごはんが食べたいと願ってきた野々山は思わず泣きそうになった。

嬉しさのあまり、会社にまで持っていき、同僚に自慢までするのだった。
 

無料立読はこちらから!

 

「喰う寝るふたり 住むふたり」で検索

 

【「喰う寝るふたり 住むふたり」の感想】

 

いやー。なんか、読んでいてほっこりしちゃいました。

付き合いたてのアツアツな雰囲気とは違った雰囲気の2人の世界観が、新鮮に映りました。

恋愛ものって、大体アツアツですからね〜笑

長年一緒にいることで、意外と見落としてしまうポイントがあったり、逆にハッとするような発見があったりするんですよね。

そんな微妙な描写もきちんと描かれていて、今まさに同じような境遇の人にはグッとくる内容だろうな〜と感じました。

また、男女それぞれの視点から同じストーリーを描いているので、男性は女性の、女性は男性の微妙な心理を伺えて、意外とタメになるのではないでしょうか?

ぜひ、男性も女性も手にとって読んでみて下さいね!
 

無料立読はこちらから!

 

「喰う寝るふたり 住むふたり」で検索

 

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.