善悪の屑(漫画)ネタバレ・感想 無料立読

100000940540001


「善悪の屑」渡邉ダイスケ

ヤングキング/少年画報社

単行本は現在5巻まで発売中



復讐代行人によるバイオレンス漫画

 

復讐代行人の二人が繰り広げる悪による正義の世直しです。

かなり過激な描写が多いので完全に青年むけですね。

なにかにどうしようもないほどの恨みをもっている人間たちが主人公たち復讐代行人に依頼にきます。

主人公たちは、依頼人の代わりに恨まれている人物にとてもつもない復讐を行います。

バイオレンスや裏社会もの、サスペンスなどが好きな方にはぜひオススメです!

 

ここから先はネタバレを含みます

 

無料立読はこちらから!

 

善悪の屑 1

善悪の屑 1

 

【「善悪の屑」のあらすじネタバレ】

 

とある場所にある、カモメ古書店。

どこにでもあるような古本屋だが、ここは秘密の合言葉を伝えると復讐代行をお願いできる場所である。

一人の女性がカモメ古書店を訪れる。

女性「あの・・・この本 おいくらですか?」

店主「いくら出せるの?」

女性「・・・お給料の3ヶ月分・・・で」

奥の襖を開き、上がってというこの店主こそが主人公の鴨ノ目武(かものめたけし)ことカモだ。

そこには相棒で居候の島田虎信(しまだとらのぶ)愛称トラが新聞を読みながら寝転んでいる。

トラ「なんや依頼人?」

そそくさと片付けをし、待っていましたと女性に対応するトラ。

お前は店番してろとカモはトラに命じる。

こんなさびれた店に客なんかこないだろとトラ言い返す。

ここの事は誰に聞いたと女性は尋ねられるとある事件で世話になった刑事からどうしても耐えられないなら相談してみろと言われたらしい。

7年前、女性はシングルマザーで一歳半になる息子と暮らしていた。

宅配便屋が家に訪れ、荷物に送り主が書いてないことを疑問に思っていると急に宅配便屋に体や胸を触られてしまう。

宅配便屋「騒いだら殺す」

その手にはナイフを持っている。

その様子に息子が泣き叫ぶと宅配便屋は窓から息子を落としてしまう。

ここは4階なのにと女性が口にしようとした瞬間、ウゼッと言った宅配便屋に腹部を刺されてしまう。

そのまま女性は宅配便屋に犯されてしまうのだった。

女性は一命を取り留めたが息子は・・・

女性の体に残った精子により犯人は捕まったが未成年だったため、大した罪に問われず去年には釈放された。

あの子は死んだのにアイツがのうのうと生きてるなんて許せない。

女性はカモに復讐を依頼したのだった。
 

無料立読はこちらから!

 

善悪の屑 1

善悪の屑 1

 

【「善悪の屑」を読んでの感想】

 

初っ端から胸クソ悪いですね・・・

けどこういった事件は実際にも存在しています。

復讐代行人であるカモとトラは、こういった事件の犠牲者の代わりに復讐を行います。

復讐するかどうかは別としてこういった事件に巻き込まれた当事者からしてみれば、やっぱり犯人は許せませんよね。

罪には罰を・・・といったやつでしょうか?

カモとトラは、外道には外道をといった自分が犯した罪を後悔するようなやり方で復讐していきます。

まさに悪による正義の執行とでもいいますか。

グロいところもありますが、どこかスッキリして見てしまいます。

あなたも復讐代行人の戦いを見届けませんか?
 

無料立読はこちらから!

 

善悪の屑 1

善悪の屑 1

 

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.