人魚の王子さま〜マーメイド・プリンス〜(漫画)ネタバレ・感想 無料立読


「人魚の王子さま〜マーメイド・プリンス〜」和深ゆあな

ノース・スターズ・ピクチャーズ/ゼノンコミックス

4巻完結



美しい人魚は、美しいオトコになりました?!

就活が上手く行かず、失意の主人公が行き着いたのは池。
しかし、アクシデントで池に落ち溺れかけた彼が目にしたのは…美しすぎる人魚だった!

おとぎ話に出てくる、あの人魚とは少しだけ違ったこの作品の人魚。
それは、人間になった時の姿にありました。

とにかく可愛らしいキャラクターが好き!メルヘンな話しが大好き!そんな方は必見です。美しい絵と、可愛らしいストーリーについつい引き込まれてしまうはず!

ここから先はネタバレを含みます

 

無料立読はこちらから!

 

 

【「人魚の王子さま〜マーメイド・プリンス〜」のあらすじとネタバレ】

それは夢のような
美しくて滑稽な
恋のお話ーーーー…

1人の男性が池に浮かんだボートの上で絶望感にひしがれている。

彼の名前は小金井真人(こがねい まなと)、30歳。この作品の主人公だ。

彼が絶望感にひしがれているのには理由があった。
1年前に勤めていた会社が倒産し、就活に勤しむも、30連敗中。
金も若さも崖っぷちに立たされ、生きることの難しさにぶち当たっている最中だったのだ。

そんな彼が、人生を託したのは「夢」という名の1枚の宝くじ。

今回はなんだか当たる気がすると宝くじを眺めていると、突風がその夢を吹き上げた。

思わずボートの上で立ち上がると、バランスを崩し池の中に落ちてしまう。
しかも、足をつるハプニング付きで、死が脳裏をよぎったーー。

その時、彼の目に映ったのは三途の川でも、走馬灯でもなく、美しい人魚だった!

その出来事で我に返り、何とか水面に上がり何とか助かった。

その時の出来事を妹に話すものの、全く取り合ってもらえない上に、写真でも撮ってマスコミに売り込め!と言われる始末。

しかし、これにピンときた彼は人魚を目撃した池へ向かった。
自転車を猛スピードで漕いでいると、茂みの奥の方から金の音が聞こえてきた。

不思議に思い、そちらへ歩いていくと…

いた!!
あの時の人魚だ!

動揺しながらも、必死にカメラを構えたが…

無料立読はこちらから!

 

 

【「人魚の王子さま〜マーメイド・プリンス〜」の感想】

この作品は、とにかく絵がキレイで魅力的!
私がこの作品を読み始めた大きな理由がこれなんです。

もちろん、ストーリーもそれに劣らず面白くて、一気に読んでしまいました。

んもー!サンゴの可愛さが尋常じゃない!笑
「3本目の足」のくだりも可愛くてニヤニヤが止まりません!
また、異常に純粋な姿にもハートを撃ち抜かれちゃいますよね。
こりゃ、真人じゃなくてもズキューンとされちゃいますよ。

一度読み始めたら、可愛らしいサンゴの恋の行方、最後まで見守ってあげたくなります。

4巻完結というボリュームも、手頃で気軽に手に出来るのではないでしょうか?

ぜひぜひ、皆さんも読んでみて下さいね!

無料立読はこちらから!

 

 

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.