人形峠(漫画)ネタバレ・感想 無料立読

9-391797-c400


「人形峠」方條ゆとり/望月菓子

アイプロダクション/エッジスタコミックス

8話完結(1巻収録verもあり)




閉鎖的な村で巻き起こる予期せぬ事態!

 

楽しい(生徒達にとっては退屈?)、田舎暮らし体験をするためにホームステイ先に向かう一行。

しかし、そこで生徒達を待ち構えていたのは想像もしない恐ろしい出来事でした。

閉鎖的な村、得体の知れない無数の人形、謎の蔵と、不安を煽る要素はバッチリ!

ホラーサスペンスがお好きな方はぜひ!

ここから先はネタバレを含みます

 

無料立読はこちらから!

 

人形峠【バラ売り】 1体目

人形峠【バラ売り】 1体目

 

【「人形峠」のあらすじとネタバレ】

 

事の始まりは3日前だった。

2年C組の生徒達は、学校行事の「農村体験」をするため、ある村へ向かっていた。

バスの車中で携帯を見ながら

「電波ないし…ガチ田舎じゃん」

と言うのは青井賢登(あおい けんと)。

それに対し

「農村体験なんだから 田舎で当然でしょ」

と言う、藤崎みなも(ふじさき みなも)は、青井達と同じ3班の班長だ。

そんなみなもとは反し、賢登に頑張ろうと励ますのは、同じく3班の伊万里舞(いまり まい)。

そんなやり取りの中、バス酔いをしていて今にも吐きそうになっている、深沢皐(ふかさわ さつき)も同じ班である。

そんな状態の皐にいきなり「わ!」と声をかけたのは石上春也(いしかみ しゅんや)。
どうやら、しゃっくりの治し方と混同していたようだ。
彼もまた、3班のメンバーである。

そんな彼らの様子を見た担任、高取弓彦(たかとり ゆみひこ)は我慢出来るかと声をかけた。

クラスメイト達は、それぞれ期待や不安を胸に、集合写真を車内で撮った。

その後、トンネルを抜けると、それまで降っていた大雨が嘘の様に上がり、到着した幸髪村は晴れていた。

村に着くと、班ごとに分かれてホームステイ先に向かった。

農家に3泊4日で泊まり込み、農業を手伝うという主旨の農村体験がいよいよ始まったのだ。

3班がホームステイするのは、兼業農家の支倉(はせくら)さん宅である。

訪ねると、支倉家の一人娘である、支倉宵子(はせくら よいこ)が出迎えた。

とても可愛らしい、少しドジな子だ。

宵子は、3班のメンバーに家の中を案内する。

水周りから始まり、居間や両親の寝室。

宵子の部屋兼、女子達の寝泊まりする部屋。

そして、人形だらけで不気味な雰囲気の仏間。
この部屋は男子達の寝泊まりする部屋だ。

案内中、賢登が外に建つ建物に気づいた。

それについて宵子に尋ねると、それまで朗らかとしていた彼女の表情が一瞬にして変わる。

そして、絶対に行ってはならないと忠告するのだ。

ハッとした宵子は元の表情に戻り、あそこが蔵であること、近くにはヘビが出て危険だからと付け加えた…。

無料立読はこちらから!

 

人形峠【バラ売り】 1体目

人形峠【バラ売り】 1体目

 

【「人形峠」の感想】

 

閉鎖的な田舎って嫌ですよねー。

明るく振舞われても、絶対心開いてないだろ的な感じが…笑

挙句、謎のしきたりや言い伝えまであるし。

今回は、そんな村を舞台にしていますので、より絶望感があって、さらに怖さを感じました。

また、作品自体は1巻で収まるマンガなので、中だるみせず、一気に読めてしまう長さと言うのも、この手のマンガにはありがたいのではないでしょうか?

長々と怖いのは読みたくないけど、サクっとなら読める!なんて方にはピッタリですね。

思わずゾワーっとしちゃう、この人形峠、ぜひ皆さんも手に取ってみて下さいね!

無料立読はこちらから!

 

人形峠【バラ売り】 1体目

人形峠【バラ売り】 1体目

 

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.