中卒労働者から始める高校生活(漫画)ネタバレ・感想 無料立読

9-246202-c400


「中卒労働者から始める高校生活」

佐々木ミノル

コミックヘブン/日本文芸社

現在7巻まで発売中




中卒労働者だって高校生になりたい!

 

「ドットインベーダー」の佐々木ミノル先生の作品。

工場で働く18歳の主人公は自分を中卒だと笑い捨てた周囲を見返すべく、高校受験に失敗した妹と共にいろんな人種がいる通信制高校に入学する。

通信制高校では劇的な出会いが待っていて・・・

青春ラブコメですね!

熱い主人公を中心としたヒューマンドラマは必見です。

ここから先はネタバレを含みます

 

無料立読はこちらから!

 

中卒労働者から始める高校生活1

中卒労働者から始める高校生活1

 

【「中卒労働者から始める高校生活」のあらすじとネタバレ】

 

皆が卒業する歳に高校に入学した君へ。

楽しいことばかりではなかったでしょう。

逃げ出したい事もあったと思うけれど。

それでも君の高校生活は君の人生に大きな意味を成したはず。

私と出会ってくれたことだってきっと。

主人公の18歳、片桐真実(かたぎりまこと)は母親の遺影に妹の真彩(まあや)の合格発表に力添えをと手を合わせる。

そこに真彩が帰ってくる。

浪人したという報告と共に・・・

真彩の受けた高校は馬鹿(うまが)高校といい、名前を書ければ受かるような所であった。

私立の受験料を払って滑り止めを受けるのもったいないと思い、馬鹿高校一本に絞ったのだった。

真実も真彩はバカだと思っていたけれどまさか中学浪人とはと頭を抱えている。

心配した真彩の担任は高校ぐらいでとけと通信制高校のパンフレットを渡す。

基本は独学でレポート作成、週に何回か授業を受けるだけでいいらしい。

そして中卒者歓迎ということ。

真彩は中学を卒業して仕事ばかりしていた、真実と高校生活を送りたかったのだ。

俺のことはいいからちゃんと願書出しとけよと真実は断る。

職場で指揮係になれるらしい。

「学歴がなくても俺はやれる 大丈夫だ・・・」

と不敵な笑みを浮かべ真実は去っていく。

その後ろ姿を見た真彩は、

「真彩のおにーちゃんは立派だなぁ・・・♡」

と惚れ惚れしている。

真実は中学を卒業してから工場に就職した。

父親は刑務所で捕まっていて、母親は事故死している。

親戚が家を借してくれていて、母親の保険金でなんとか生活は出来ているが妹の学費ぐらい自分が出してやりたいという思いで働くことを決めた。

面接の際にそれを洗いざらい話すと社長は笑うとそんなこと履歴書に書くなよ、落とされても文句言えないぞと言った後に、真面目にやって誰にもお前を笑わせんなと採用してくれた。

その時の言葉が今でも真実には残っている。

真面目にやって真彩を一人前にすれば、誰にも何も言われない。

いつも通りばりばり働いてる所に社長の友人の息子が入ってきて・・・

真実の指揮係着任が脅かされる!?

無料立読はこちらから!

 

中卒労働者から始める高校生活1

中卒労働者から始める高校生活1

 

【「中卒労働者から始める高校生活」の感想】

 

中学を卒業して妹のために高校にも行かず、就職を決めた真実。

これだけでもなかなか出来ることではないと思います。

父親が捕まって母親が亡くなってしまったら、大概途方に暮れてしまいますよね。

それもまだ真実は中学生でしたから。

彼は前向きに生きる選択が出来た時点でもう立派だと思います。

真彩はこんな兄を誇りに思ってることは間違いないでしょうね!

職場ではこんな真面目な真実はどんな評価をされていくのでしょうか?

真彩と送ることになる高校生活ではどんな出会いが待っているのでしょうか?

非常に楽しめる作品ですよ!

無料立読はこちらから!

 

中卒労働者から始める高校生活1

中卒労働者から始める高校生活1

 

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.