ハレ婚。(漫画)ネタバレ・感想 無料立読

100000886950001


「ハレ婚。」NON

講談社/ヤングマガジン

現在単行本は11巻まで発売中




 

日本でまさかの一夫多妻制!それがハーレム婚だ!

 

「デリバリーシンデレラ」で人気を博したNON先生による「ハレ婚」は一夫多妻制が題材の作品です。

男運のない、主人公が自らの意思には反し、3番目の妻になります。

綺麗で魅力的なイラストと、今までに無かった一夫多妻制という題材に引き込まれていくはずです!

男性も女性も、それぞれの視点で楽しめる作品ではないかと思います。

ここから先はネタバレを含みます

 

無料立読はこちらから!

 

 

【「ハレ婚。」のあらすじとネタバレ】

 

この物語の主人公、前園小春(まえぞの こはる)はベッドの上で彼氏の携帯を見ていた。

そこには、彼氏と妻との仲睦まじいやりとりが残されていた。

そう、小春の彼氏は既婚者だったのだ。

携帯を見られた彼氏は慌てふためき、弁解をしようとするが、小春はそれを聞かず「許さん!」と、力一杯に彼氏の股間を蹴り上げ別れを言い渡した。

小春はこれまでも何故か既婚者にばかり引っかかってきた、既婚者キラー。

望んで既婚者ばかり愛してきたわけでは無かったため、傷ついた小春は東京を出て実家へ帰ることにした。

もう、恋はしない。
結婚もしない。
そう心に誓い、小春は地元に降り立った。

そこで、小春は妙な光景を目にする。

腕を組んで歩く若い夫婦に、赤ちゃんを抱いた女性が「パパ、おむつ替えたいわ」と歩み寄ったのだ。

怪訝な表情でそれを眺める小春。

しかしこの時、地元では小春の知らないある条例が試されていたのだ。

そんな中、小春は父親の見舞いに病院へ来ていた。

エレベーターから降りようとする所で、泣いた男性が「小春ちゃん?」と声をかけてきた。

男性の異様な姿と、全く知らない人物であったため、小春は警戒心を露わにするが、その男性はあろうことか小春に抱きついてきた。

そして「お父さん、残念だったね…」と言い残し去っていった。

小春は父親が心配になり、急いで病室へ。

しかし、そこにはエロ本を楽しむ父親がいた。

拍子抜けした小春は、安堵し、その流れで両親に実家に戻ると告げたのだった。

実家ではカフェを営んでいたため、そこを手伝うつもりでいたが、母親はそれを猛反するのだった。

だが小春は翌日から店に立った。

そこへ昨日の謎の男性がやってきて…

この気になる続きは単行本または電子書籍にて!

無料立読はこちらから!

 

 

【「ハレ婚。」の感想】

 

斬新なテーマの一夫多妻制。

楽しめました!

一夫多妻制、男性は羨ましいと捉えるんでしょうかね?

私は女性側なので、自分が3番目の妻だったら毎日ヤキモキしちゃうんだろうなぁなんて感じました。

小春が徐々に妻1、妻2と馴染んでいく様子や旦那にどんどん惹かれていく様子も微笑ましく思え、一夫多妻制って人によったらありなんじゃないか!?とまで思いました。

イラストも可愛くて、女性に人気な漫画なのも頷けます。

ぜひ、こちらの作品読んでみて下さいね!

無料立読はこちらから!

 

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.