サエイズム(漫画)ネタバレ・感想 無料立読

100000958390001


「サエイズム」内水融

チャンピオンREDコミックス・チャンピオンクロス/秋田書店

4巻完結



いじめから救ってくれたのはサイコ女子!?

 

「コールドケース」で話題を呼んだ内水融先生の作品です。

前作に引き続き、人間に潜む狂気というか秘めた恐ろしさを感じる漫画になっています。

いじめられている主人公を救ってくれたのは、外面は美しくスポーツ万能、性格も良くて大金持ちと非がないように見えて実は嫉妬深く歪んでいるサイコ女でした。

まさしく、サイコホラーといった形なのでホラー好きの方も違った角度で楽しめそうです。

 

ここから先はネタバレを含みます

 

無料立読はこちらから!

 

サエイズム 1

サエイズム 1

 

【「サエイズム」のあらすじネタバレ】

 

友人がいなければ誰も生きることを選ばないだろう。

たとえ他のあらゆる物が手に入ったとしても・・・

主人公の国木美沙緒(くにきみさお)はベッドで目覚める。

美沙緒は新しい学校に転校してきて1ヶ月になる。

もう慣れたかと聞く父親に慣れてもらわなきゃ困ると母親。

高2の半端な時期に引っ越せば誰だって戸惑うと父親は返す。

大丈夫だからと家を出た美沙緒は憂鬱そうな顔を浮かべている。

教室に入ると美沙緒の机には大量のゴミが。

美沙緒は同じクラスの木村七美(きむらななみ)にいじめられているのだ。

勝手にゴミ箱使おうとするなと七美がいってくるが美沙緒は謝ることしか出来ない。

授業中に消しゴムを投げられたりすることだってある。

体育の時間は1人になってしまったり、着替えをゴミ箱に捨てられたりした。

不幸が似合いそうなやつを見るとちょっかい出したくなると七美。

七美「いいオモチャ見つけたよホント!!」

美沙緒は家に帰ると食事はいらないと母親に言い、部屋に閉じこもる。

美沙緒「・・・助けて 誰か助けて・・・」

美沙緒の目から涙が溢れる。

次の日、ずっと休んでいた真木冴(まきさえ)が投稿してくる。

彼女にみんなが群がっていく。

どうやら、クラスの中心人物らしい。

彼女は凛とした表情で美沙緒を見つめる。

美沙緒と冴は初対面の挨拶を交わす。

冴はずっと空席だった美沙緒の隣の席だった。

美沙緒「すごいキレイ 女優さんみたい・・・!!」

頭脳明晰、スポーツ万能の完璧超人である。

そして、美沙緒はまた七美に呼び出されてしまう。

なぜ冴の隣に座っている?自分の席と変われという七美。

そこに冴が現れて・・・

 

無料立読はこちらから!

 

サエイズム 1

サエイズム 1

 

【「サエイズム」を読んでの感想】

 

やっぱりいじめを見るのは気分が良いものではありませんね・・・

まわりももちろん見て見ぬ振りです。

そんなところに帰ってきたスーパーアイドルの真木冴。

クラスの男も女も彼女に釘付けです。

休み時間になると大勢が群がっていきます。

いじめに苦しんでる美沙緒の前にも颯爽と現れます。

そうすると七美でさえも一瞬でいじめをやめます。

これはただ単に冴の学校での影響力だけではない気がしますね・・・

そんな冴に気に入られてしまった美沙緒。

これは果たして幸か不幸か・・・

 

無料立読はこちらから!

 

サエイズム 1

サエイズム 1

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.