クロエの流儀(漫画)ネタバレ・感想 無料立読


「クロエの流儀」今井大輔

日本文芸社/NICHIBUN COMICS

現在2巻まで発売中



武士系フランス人JK、日本人に物申す!!

碧い瞳に、サラサラの金髪。
その誰もが振り返る美しい姿の持ち主は、フランス人女子高生。
しかし、マナーを守れない者や間違った事をしている者を見つけると何故か武士口調で物申し、悪しきを正していくのです。

今までに見た事のないタイプの作品で、外国人が武士口調でよろしくない人達をぶった切っていくという内容は痛快で、その様はまるで時代劇!笑

作中に出てくる〝ぶった切られる〟人たち、私たちの周りでも見かけた事があるような、ちょっぴり迷惑な人たちなので、そんな人たちに困った!なんて方にはスカっとする漫画となっています。

「人のふり見て我がふり直せ」
この言葉の通り今一度、自身の行動を見直したくなる作品です。

ここから先はネタバレを含みます

 

無料立読はこちらから!

 

クロエの流儀

クロエの流儀

 

【「クロエの流儀」のあらすじとネタバレ】

電車の車内に、一際目立つ女子高生がいた。
とても可愛い娘で、目が青い。
外国人なのだ。

そんな彼女から目が離せなくなった男子は、日本語は出来るんだろうか…
話しかけてあげた方が良いのか…
などと考えていた。

しかし、そんな時車内で携帯の着信音が鳴った。
しかも、その着信に中年男性が応じたのだ。
会話自体は短く、すぐに終了した。

だが、先程外国人女子高生を見ていた男子は、マナーモードにもせず、通話までした中年男性が礼儀正しいはずの日本人の姿をぶち壊し、あろう事か外国人の目の前で日本の恥を晒しているように感じていた。
…が、言い出せなかった。

すると、また中年男性の携帯が鳴り、会話を始めたのだ。
しかし、会話を続ける彼の前に彼女が立ちはだかった。
「だまれ」と。

そして続けて
「通話がうるさい訳ではないが
許されてるつもりのキサマがムカツク

あと混んだ車内で足組むな
ジャマだ

明日から玄関出る時に
まず脳ミソのマナーモードをオンにしておけ

フトドキモノ」
とぶった切ったのだ。

そんな彼女を見て、先程の男子はサムライだ…と思ったのだった。

無料立読はこちらから!

 

クロエの流儀

クロエの流儀

 

【「クロエの流儀」の感想】

クロエの、まさかの武士口調にやられちゃいましたねー笑
だまれ!
フトドキモノ!
外国人の女の子にそんな事言われるだなんて思いもしませんからね。
言われた側も唖然としますよ、そりゃ。

しかし、JKに怒られる大人の情けない事!
…と思いつつも、私は大丈夫か?と少し不安になっちゃいました。笑

日本は、世界的に見てもマナーの良い国だと言われてはいますが、細かな所をみればまだまだなんだな、と感じました。

そんな事を考えさせられた、社会派な作品でした!(私的には、ですが)

無料立読はこちらから!

 

クロエの流儀

クロエの流儀

 

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.