エンバンメイズ (漫画)ネタバレ・感想 無料立読

9-296980-c400


「エンバンメイズ」田中一行

講談社/good!アフタヌーン

6巻完結



常軌を逸したダーツアクション漫画

 

裏社会で繰り広げる、常軌を逸したダーツバトルを描いた「エンバンメイズ」

ミリ単位で的を狙える程のスゴ腕ダーツプレイヤー達は個性的かつ、魅力的です。

スゴ腕プレイヤー達との心理戦は、見ていて飽きません!

ギャンブル、アクション、裏社会などのジャンルがお好きな方にオススメの作品です。

 

ここから先はネタバレを含みます

 

無料立読はこちらから!

 

エンバンメイズ 1巻

エンバンメイズ 1巻

 

【「エンバンメイズ」のあらすじとネタバレ】

 

ダーツプレイヤー、烏丸徨(からすま こう)はこの物語の主人公。

狙った的は外すことのない、確かな技術と何があっても揺るがない、迷わぬ心を持つ人物だ。

…この日、烏丸は迷っていた。

地図を読むのが苦手な烏丸は、自分の家に帰れずに彷徨っていたのだ。

そんな時、烏丸に女子高生が声をかけた。

女子高生に地図を読んでもらい、自宅がすぐ目の前であることに気付かされる烏丸は、助かったと礼を言う。

そして、オレに何の用だと聞く。

女子高生の微妙な様子を感じとり、自分に用があると見抜いたのだ。

話しを聞くとその女子高生、美作真琴(みまさか まこと)は烏丸に代打ちを頼みに来たのだと言う。

経営難から掛けダーツに挑んだ父は、ある人物に代打ちを依頼し、勝負には勝ち借金は返済することが出来たものの、その人物への依頼料として借金と同じ額を請求され、自殺に追い込まれたのだ。

父が依頼をした人物は、「冷血(コールドブラッド)」の異名を持つ、神谷総一郎(かみや そういちろう)。

事故を起こした従業員にさらに罪を重ねさせ、呆気なく切り捨てるような人物だ。

そんな神谷への依頼料の請求は娘である真琴にされ、払えないのなら風俗で働かせると言われているのだ。

話しを聞いた烏丸は、真琴にいくらの報酬を払えるのか問う。

答えに詰まる真琴に、何かを支払う覚悟があると証明出来るのならタダ働きしてやってもいいと伝える。

そこで、真琴は身体で支払おうとするが、烏丸は盛大に笑い飛ばし、依頼を受ける。

5日後ーー。

真琴は烏丸に教わった手順でゲーム会場に辿り着く。

会場には溢れんばかりのギャラリーが集まり、熱気に包まれていた。

そんな中で、ゲームが始まった。

最終ラウンドまで両者共に最高得点を取り続け、ルールに従い延長戦へと突入したのだった。

気になるゲームの続きは単行本、または電子書籍にて!

無料立読はこちらから!

 

エンバンメイズ 1巻

エンバンメイズ 1巻

 

【「エンバンメイズ」の感想】

 

エンバンメイズ、真剣に読み入ってしまいました!

スマートにダーツゲームを進める烏丸がカッコ良かったー!

正確に的を狙う姿と、ポイントポイントで相手を観察する様がクール過ぎます!

そんなクールさもありながら、方向音痴だったり女性の胸に釘付けになったりと、コミカルな部分も持ち合わせた人物描写が余計、作品にのめり込ませてくれます。

みなさんも、ぜひこのクールなダーツアクションの世界に浸ってみて下さいね!

無料立読はこちらから!

 

エンバンメイズ 1巻

エンバンメイズ 1巻

 

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.