その廊下になにかいる(漫画)ネタバレ・感想 無料立読

9-380051-c400


「その廊下になにかいる」弓咲ミサキックス

全力コミック/ソニー・デジタルエンターテイメント・サービス

現在8巻まで発売中



亡人達が徘徊する廃校・・・

 

過去にガス事故によってクラス全員が死亡したという廃校。

主人公達、五人はそこへ肝試しにくる。

電気が通ってない学校で謎のチャイムが・・・

まさに王道ホラーといった感じの作品です。

怖さだけでなく、バラバラになった5人のヒューマンドラマも見所ですよ!

ここから先はネタバレを含みます

 

無料立読はこちらから!

 

その廊下に、何かいる(1)

その廊下に、何かいる(1)

 

【「その廊下になにかいる」のあらすじとネタバレ】

 

「そっちはなにかあるかーっ?」

主人公の理人(りひと)に岳峰(たけみね)が声をかける。

暗くて見えない、あんまりハシャぐと苦情が来ると冗談を言う理人。

こんなど田舎の廃校に俺ら以外いないだろと岳峰は笑う。

「お姉ちゃんひっぱらないでってもう!」

マリナに妹の蓮香(れんか)が引っ張られてくる。

理人、男なんだから蓮香の握っといてとマリナ。

理人の勝手な思いつきでこんな所に来たんだから責任もってと続ける。

蓮香「私はそんな手とかなんて」

蓮香は恥ずかしがりながら逃げていく。

理人「あれっおつでんはどこ?」

大出(おおいで)が震えながら出てくる。

大出「もう怖いよこんなところ・・・早く帰ろうよぉ・・・」

一個上の岳峰が車の免許を取ったので後輩四人を連れて肝試しに行くことになったのだ。

「県立雁間(かりま)中学校」

この学校では地元で昔から奇妙な噂が立っていた。

泊まり込みで天体観測をしようとしたあるクラスの生徒、教師全員が深夜就寝中なんらかの原因でガスが室内に溢れ出し充満してガス中毒で死んだらしい。

そしてその生徒らの無念の魂は廃校をさまよい亡者となって現れる。

そこに階段からこちらを覗いてる何者かが!

大出はもう絶叫しながら震え上がっている。

理人が調べるとただの人体模型だった。

蓮香も大出も怖がってるしそろそろ帰るかと理人が口に出した瞬間、電気が通ってないはずのスピーカーから突然チャイムが鳴り響く!

急に地震も鳴り始め一同は大パニック。

気付くとマリナと二人きりになっていた。

残りのみんなは・・・!?

無料立読はこちらから!

 

その廊下に、何かいる(1)

その廊下に、何かいる(1)

 

【「その廊下になにかいる」の感想】

 

読み始めは、よくありがちな学校の怪談的なものだと思ったのですがちょっと違いました。

幽霊というより妖怪?に近い感じのバケモノが現れますね。

その「亡者」達が、廃校内をさまよい歩いています。

そして襲いかかってくるのですが、ハサミで切りつけてきたりとわりとリアルな攻撃方法です(笑)

臨場感があり、非常に怖さがあるホラー作品です。

なにより薄気味悪いです・・・

真夏の夜にいかがでしょうか?

無料立読はこちらから!

 

その廊下に、何かいる(1)

その廊下に、何かいる(1)

 

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.